じーけこ日記

佐賀で舞台と演劇やってます。辻恵子です。ぼちぼち更新してます。

6歳の頃の私の日記

 

母が持って来てくれた。昭和53年の日付が入った日記。

日記というか、学校に提出してたであろう日記。

 

f:id:keko_t:20220304164651j:plain

 

表紙は何だろう、日記の表紙なのか、良く分からないけれど、

我ながら、この頃から色とりどりが好きだったんだな、と。

 

f:id:keko_t:20220304164926j:plain

 

わかりやすい間違いと、

先生のコメントがなんとも暖かい。暖かい。実に。

 

f:id:keko_t:20220304165011j:plain

 

どんな遊びだったのやら(汗)

父と遊んだ記憶などほぼほぼなくて、少し驚いた。

 

f:id:keko_t:20220304165118j:plain


近所のひとつ上のおねえさんとよく遊んでたらしい。

それはね、なんとなく覚えてる。

 

f:id:keko_t:20220304165208j:plain

 

これをとっててくれた母。ありがとう。

愛されてるんだなぁと。しみじみ。

子どもの頃は気付かないものよね。

 

 

なんというか、自分が「たなか」だったこと思いだすね。

 

離婚した時に、「たなか」に戻るかどうかめっさ迷ったのだけれど、戻るという感覚がどうにもしっくりこなくて、そのままにしたのだけれど、戻ってたらまた違う生き方してたのかな。どうかな。

まぁ、もう一度、結婚する機会があればまた変わるしなーなんて思って、まぁ、独り身のままなわけですが。

 

人生100年時代。そう思うとまだまだ半分やし。

人生なにが起こるか分からんし。

 

6歳の私よ、44年後の私はそれなりに元気にやってるよー

 

さ、脚本かくべかね。

とびきり贅沢な

 

行こうかどうか散々迷って。

車で行って、マスク二重で、あまり人に接さずに、と思い切って出かけ。

 

結果、とっっっっても少人数な超贅沢なコンサートを味わうことができました。

感謝。

 

f:id:keko_t:20220223161600j:image

 

観客として音楽を聴くことが最近ほぼほぼ無く。

いつ以来だろう?ってくらいに。

やっぱり偶には聴きに行かなきゃ。心の充電。

 

f:id:keko_t:20220223161746j:image

 

とっってもすてき空間でもありました。

 

「はかなきものの〜」にぴったりな場所がまた増えた。

ほんと。すてきな場所でした。

 

f:id:keko_t:20220223161929j:image

 

心の充電。

また明日からがんばろっって思えるような時間。

 

私もそんな舞台を創れるようがんばろうっ

 

 

 

佐賀の空。

f:id:keko_t:20220212154135j:image

 

空港に向かうはずが、知らない道に行きたがる故に、川副の大詫間の方へ。

ひたすーらー真っ直ぐな田圃の中の道を進み、海岸際でようやく車を留め。

振り返ると、ひたすら広い風景。遠くに天山。よか景色でした。

 

来た道を戻り、また遠回りして空港へ。

目的地は「さがのがら。」

 

プロットを考えに来たのだけれど、今日も利用者は私のみ。

年始は流石に人いたけれどね。

 

航空機利用じゃないし、1,100円は高いかもしれないけれど、

何より、時間とか人の多さを気にせずにいられる。

ソフトドリンクは飲み放題だし。まぁ、好みはあるだろうけれど。

 

うねうね考えてるうちにもう2時間過ぎてる。

もう少し纏めたら出よう。

 

ゆっくり考えごとしたい方にはおすすめな場所です。