じーけこ日記

佐賀で舞台と演劇やってます。辻恵子です。ぼちぼち更新してます。

薫風

 

ちょっと蒸し暑ささえ感じる午後。

 

窓から入ってくる風。

 

良い季節。

 

 

f:id:keko_t:20190513142818j:plain

 

 

先日、ふらっとドライブ。

 

海(湾)を見て、山を越えて帰ってきました。 

 


思えば、いつもこの時期に遠出してるかも(笑)

 

2月から始まる現場の数々が落ち着く時期。

 

 

今年は先日のバレエでひと段落。

 

これからまた8月に向けて忙しくなってくかな。


 

 

f:id:keko_t:20190515145936j:plain

 

 

 

何ごとも、自分からはじまってる。

 

目の前の誰かは、自分の言動を表す鏡。

 

そんなことを改めて考えた週末でした。

 

 

 

変えていくのは自分。

自分の思考言動から。

 

 

 

せつない

どうにもこうにも、せつない。

 

けれど、昨日よりはちょっと客観的になっている。

 

人の死にすこし慣れてきてるのかもしれない。

 

というより、人の死の哀しみに囚われないようにしているというか。

 

 

初めて、近しい人を急に亡くしたのは、高校生の時。

親戚のお姉さんが出産して、亡くなった。

「耳は聞こえとるけん、話しかけてあげんしゃい」

と、言われても、声は出なかった。

 

高3の夏休みの終わりに、演劇部の顧問の先生が亡くなった。

理科の先生だった。服毒だったかと。お葬式には行かなかった。

きれいな顔だったってきいた。9月、ずっと雨だった。

先生のことはずっとずーっと消化できずに、ずい分長く囚われてた。

 

会社に入った頃かな。

Hideさんが死んじゃって、これはもうほんとに辛かった。

それほどに頼りにしていた存在だった。

 

33歳、同じ事務所で働いてた人が亡くなった。

通夜にもお葬式にも行ったけれど、最後まで顔が見れなかった。

 

立ち直るまでにどれだけ時間かかったかな。

認めるまで、たくさんの時間がかかったな。

 

みほちゃん、あいら、はるみさん、しろう、いでさん、まりこ、

 

ある日突然、人を失うってのは、どうしようもなく、辛い。

 

 

いつからか、それが、天命だったんだと、思うようになった。

助かる命ならば、助かっていたであろう、と。

 

でもなー、やっぱり、せつないよ。

 

 

人は、ある日突然いなくなったりする。

自分も明日何かの事故に巻き込まれるかもしれない。

 

 

せめて、

亡くなった人たちが、あらゆる苦しみから解き放たれ、安らかでありますように。

 

そして、遺された人たちが、哀しみ怒り苦しみを乗り越え、生きていけますように。

 

 

 

連休終わり明日は休日

 

まっっったく連休とは関係なく通常運転な日々でした。

 

ま、ね、世間の休日に働く職種ですからね。

 

そんなわけで明日明後日は休日。

 

ゆっくりします。

 

f:id:keko_t:20190506203933j:image

 

今日は復職して2度目のプランの現場でした。

上手くいったところもあり、対応できなかったところもあり。

(リハ無しの団体さんもあったので…)

いずれもどれも次に繋げよう。

 

 

つくづく、想いを形にする仕事だな、と、あらためて。

 

立ち方さんの動きにバシッと決まるとやっぱり嬉しいものです。

 

 

さ、来週末はバレエPINのチーフ。

 

・・・滑舌練習せな。

 

 

最近は前にも増して、擬音語だったり、体が先に動いたりしててます(笑)